---スポンサードリンク---

札幌市電の運賃が200円に値上げ

札幌市電運賃値上げ

札幌市電 運賃200円に値上げ

札幌市が申請していた路面電車
「市電」の運賃の値上げが正式に認可され、ことし4月1日から運賃を現行の一律170円から30円値上げし、200円に引き上げることになりました。
札幌市の路面電車「市電」は、長く利用客の減少傾向が続き昨年度は年間1億円あまりの赤字となるなど厳しい収支状況が続いていて、路線のループ化による経費や老朽化する車両の更新費がかさむことなどから去年11月、国土交通省に運賃の値上げを申請していました。
20日、正式に認可された運賃は、大人がこれまでの一律170円から30円引き上げられ200円になります。
また定期代も、通勤定期は1か月7550円から8040円に、通学定期も中学生以上は5250円から5760円に引き上げられます。
運賃の値上げによって収支は、3年間で5億3000万円あまりの赤字削減になるとしています。
札幌市は、「市民にご負担をかけるが、市電を今後も存続させ、利便性を向上するために理解をお願いしたい」としています。

北海道NEWS WEB

札幌市電の運賃が200円に値上げ ツイッターの反応

コメントを残す

このページの先頭へ