---スポンサードリンク---

札幌市円山動物園 レッサーパンダの赤ちゃん公開

%e5%86%86%e5%b1%b1%e5%8b%95%e7%89%a9%e5%9c%92-%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%80%e3%81%ae%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

すくすくと育つ レッサーパンダの赤ちゃん公開

生後3カ月たち、すくすくと育っています。札幌市円山動物園のレッサーパンダの赤ちゃんが27日午後から公開となります。
母親の「ギン」の後を歩くレッサーパンダの赤ちゃん。赤ちゃんはことし6月に「ギン」と父親の「エイタ」との間に生まれました。
母乳のほか、リンゴやブドウを食べてすくすくと育ち、体重は生まれたときの7倍以上の1.7kgまで増えていて、今月に入って展示施設の木に登る練習も始めています。
一般公開は当面、午後2時半からの30分間限定で、人に慣れているか様子をみながら徐々に時間を拡大するということです。
札幌市円山動物園では、赤ちゃんの性別を調べたうえで名前を来園者の投票で決めることにしています。

HTB NEWS

札幌市円山動物園 レッサーパンダの赤ちゃん公開 ツイッターの反応

コメントを残す

このページの先頭へ