---スポンサードリンク---

札幌市ススキノ 飲酒運転事故 野村容疑者は「酒を飲んで家に帰る途中だった」

札幌市ススキノ酒気帯び運転野村容疑者

札幌市ススキノ飲酒運転事故野村浩司容疑者

酒気帯びの男がタクシーに追突

札幌のススキノでは7日未明、軽乗用車がタクシーに追突し、36歳の男が酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。
タクシーのドライブレコーダーが捉えた事故の瞬間です。
7日午前1時ごろ、札幌のススキノで札幌市白石区の自称・会社員野村浩司(のむら・こうじ)容疑者が運転する軽乗動車が客待ちのため停車していたタクシーの列に追突しました。
野村容疑者の呼気からは基準値の2倍にあたるアルコールが検出され、警察は野村容疑者を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。
この事故で、車外にいたタクシーの運転手2人が足を打撲するなど軽いけがをしました。
警察の調べに対し野村容疑者は「酒を飲んで家に帰る途中だった」などと容疑を認めているということです。
HBC昼ニュースで放送 5月7日(土)12時00分

HBC NEWS

札幌市ススキノ 飲酒運転事故 野村容疑者は「酒を飲んで家に帰る途中だった」 ツイッターの反応

酒気帯び運転か 3人死傷

7日朝、釧路市の市道でお年寄りの男性が走ってきた乗用車にはねられて死亡しました。
警察は、酒気帯びの状態で乗用車を運転したとして26歳の男をその場で逮捕し、事故の詳しい状況を調べています。
7日午前6時20分ごろ、釧路市愛国東1丁目の市道で、近くに住む鈴木武夫さん(84歳)が走ってきた乗用車にはねられ、病院に運ばれましたがおよそ2時間後に死亡しました。
警察が調べたところ、乗用車を運転していた釧路市文苑4丁目の会社員山田尚平容疑者(26歳)の息から基準を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕しました。
調べに対して山田容疑者は、酒気帯びの状態で運転していたことを認めているということです。
一方、札幌の繁華街、ススキノでは、7日午前1時前、軽自動車が道路脇に駐車していたタクシーとその近くにいた運転手2人に衝突し、2人が足に軽いけがをしました。
警察が調べたところ、軽自動車を運転していた札幌市白石区の自称、会社員、野村浩司容疑者(36歳)の息から基準を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕しました。
野村容疑者は、「友人と酒を飲んで自宅に帰るところだった」と供述しているということです。

北海道NEWS WEB

コメントを残す

このページの先頭へ