---スポンサードリンク---

旭川市 飲酒運転事故 石崎容疑者「運転前に缶ビールを3本飲んだ」

旭川で飲酒運転事故 男「缶ビール3本飲んだ」

旭川で飲酒運転事故 男「缶ビール3本飲んだ」

4日夜、旭川市内の国道で乗用車とワゴン車が正面衝突し女性が死亡しました。逮捕された男は、「運転前に缶ビールを3本飲んだ」と話しているということです。
旭川市内の国道で4日夜、乗用車が反対車線にはみ出してワゴン車と正面衝突しました。ワゴン車を運転していた小学校の教師、中島朱希さん38歳が死亡しました。
乗用車の石崎勝彦容疑者51歳は、呼気から基準値を超えるアルコールが検出され、現行犯逮捕されました。
亡くなった中島さんは休日出勤をしていて、学校から帰宅する途中に事故にあったということです。
石崎容疑者は「運転前に500mlの缶ビールを3本飲んだ」などと話していて、警察は日常的に飲酒運転をしていた可能性も含め調べています。

HTB NEWS

旭川市 飲酒運転事故 石崎容疑者「運転前に缶ビールを3本飲んだ」 ツイッターの反応

対向車線に入り正面衝突、1人死亡 飲酒運転か 北海道

4日午後7時ごろ、北海道旭川市末広1条13丁目の国道12号で乗用車が対向車線に入り、走ってきた乗用車と正面衝突した。対向車線の車を運転していた同市永山10条14丁目、小学校教諭中島朱希さん(38)が搬送先の病院で死亡した。北海道警旭川中央署は同日、北海道東川町西12号、農業石崎勝彦容疑者(51)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。

同署によると、石崎容疑者の車は中央分離帯を乗り越えて対向車線に入り、中島さんの車に衝突したという。石崎容疑者には飲酒運転の疑いがあり、同署が調べている。

Yahooニュース

コメントを残す

このページの先頭へ