---スポンサードリンク---

寝台特急カシオペア ツアー専用の臨時列車6月から不定期運行へ

カシオペア6月~不定期運行へ

カシオペア6月~不定期運行へ

北海道新幹線の開業に伴い定期的な運行を終えた寝台特急のカシオペアについてJR東日本は、利用者の人気が高いためツアー専用の臨時列車として、ことし6月から不定期で運行を継続することを決めました。
札幌と東京の上野を結んでいた寝台特急「カシオペア」は、平成11年にデビューし豪華列車として人気を集めましたが、北海道新幹線の開業に伴って定期運行を終了しました。
しかし、利用者の人気が高いことから、ことし6月からツアー専用の臨時列車として不定期で運行を継続することを決めました。
運行形態は、上野を出発して列車などに宿泊しながら道内や東北の観光地を周遊し上野に戻る運行と、札幌・上野間の寝台列車としての運行の2種類を予定しています。
北海道までは青函トンネルを走行できる電気機関車をJR貨物から借り受けて運行するということで、7月までにすでに16回の運行が決まっているということです。
チケットはこれまでのみどりの窓口ではなく、ツアー商品として旅行会社を通じて販売されるということです。

北海道NEWS WEB

寝台特急カシオペア ツアー専用の臨時列車6月から不定期運行へ ツイッターの反応

カシオペア紀行(ツアー)

JR東日本は、E26系「カシオペア」車両による団体臨時列車を運転。旅行会社のツアー専用列車「カシオペア紀行」として、上野~札幌間のツアーを実施。運転日は、上野駅発が2016年6月11日(土)、18日(土)、25日(土)、7月9日(土)、16日(土)、23日(土)、30日(土)で、札幌駅発が6月12日(日)、19日(日)、26日(日)、7月10日(日)、17日(日)、24日(日)、31日(日)。乗車には、旅行商品の申込が必要。

コメントを残す

このページの先頭へ