---スポンサードリンク---

【北海道】利尻山で遭難 札幌市の大学生1人死亡

利尻山で遭難 大学生1人死亡

利尻山で遭難 大学生1人死亡

6日夜、利尻島の利尻山で登山をしていた男性から「一緒に登っていた仲間が低体温症のため動けなくなった」と通報がありました。
警察が7日朝、山頂付近で男性2人を救助しましたが、このうち1人は病院で死亡が確認されました。
6日午後7時前、標高1721メートルの利尻山で登山をしていた男性から「一緒に登っていた仲間が低体温症で動けなくなった」と救助を要請する通報が警察に入りました。
警察が7日朝になってヘリコプターで捜索したところ、山頂付近で男性2人を見つけて救助しました。
警察によりますと、このうち、札幌市北区の大学生、齊藤高嶺さん(28歳)が、運ばれた病院で死亡が確認されました。
通報者とみられる33歳の友人の大学生にけがはないということです。
2人は同じ大学の登山サークルの仲間だということで、警察は齊藤さんの詳しい死因や当時の状況を調べることにしています。

北海道NEWS WEB

【北海道】利尻山で遭難 札幌市の大学生1人死亡 ツイッターの反応

利尻山で2人遭難、28歳の北大医学部生が死亡

6日午後6時55分頃、北海道・利尻島の利尻山(1721メートル)に登った男性から、「頂上付近で仲間が低体温症になった。助けに来てほしい」と、知人を通じて110番があった。

北海道警が7日未明からヘリで捜索し、午前5時頃、山頂付近にいる2人を発見して救助。1人は搬送先の稚内市の病院で死亡が確認された。もう1人にけがはなかった。

稚内署の発表によると、死亡したのは北海道大医学部の学生斉藤高嶺(たかね)さん(28)(札幌市北区)。斉藤さんら2人は同学部のサークル「フラテ山の会」のメンバーで、4日から10日までの日程で登山計画書を出していた。同署は、実際に入山した時期などについて事情を聞くとともに、死因を調べている。

遭難時、山頂付近は強風でテントを張ることもできなかったという。

Yahooニュース

コメントを残す

このページの先頭へ