---スポンサードリンク---

【北海道】札幌市に住む家族4人が偽ブランド品販売容疑で逮捕

偽ブランド品販売容疑で逮捕

偽ブランド品販売容疑で逮捕

高級ブランドの偽物の商品をインターネットで販売したなどとして、札幌市に住む家族4人が商標法違反の疑いで逮捕されました。
4人は「本物だと思った」などと容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、札幌市北区の会社役員、宮沢亜希容疑者(35歳)と、夫や父親など、家族4人です。
警察の調べによりますと、4人は去年5月、インターネットのオークションサイトで、高級ブランド「ブルガリ」の偽物のショルダーバッグを販売したほか、会社の事務所などに「シャネル」の偽物の商品およそ1万点を販売する目的で所持していたとして、商標法違反の疑いが持たれています。
函館税関から偽ブランド品が輸入されているという情報が寄せられ、警察が捜査していました。
調べに対して、4人は「本物だと思っていた」などと容疑を否認しているということです。
警察は、4人が偽物の商品を香港から仕入れていたとみて、さらに調べています。

北海道NEWS WEB

【北海道】札幌市に住む家族4人が偽ブランド品販売容疑で逮捕 ツイッターの反応

家族ぐるみで偽ブランド品を販売か 女ら4人逮捕

偽のブランド品で6千万円を売り上げたものとみられます。商標法違反の疑いで、札幌市の会社役員の女ら4人が逮捕されました。4人は家族ぐるみでインターネット通販の会社を経営していました。
札幌市北区の会社役員、宮沢亜希容疑者35歳とその父親ら4人は去年5月、札幌市の男性に偽のブランド品を販売した商標法違反の疑いがもたれています。
宮沢容疑者らは家族ぐるみでインターネット通販の会社を経営していて、警察は今年2月、事務所などから偽のブランド品およそ1万点を押収するなど捜査を進めていました。
ひと月に1千万円ほどの売り上げを得ていたものとみられています。

HTB NEWS

家族で偽ブランド品“販売” 売上げ月1000万円か

偽のブランド品を販売した疑いで家族4人が逮捕されました。

札幌市の会社役員・宮沢亜希容疑者(35)とその父親(68)ら4人は去年5月、札幌市の男性に偽のブランド品を販売した商標法違反の疑いです。宮沢容疑者らは家族でインターネット通販の会社を経営していて、警察が偽のブランド品約1万点を押収するなどして調べていました。月1000万円ほど売り上げがあったとみられています。

テレ朝NEWS

コメントを残す

このページの先頭へ