---スポンサードリンク---

【北海道】道南 七飯町で車30台以上損壊被害

七飯町で車30台超壊される

七飯町で車30台超壊される

4日朝早く、道南の七飯町で、止めてあった車30台以上がパンクさせられたり窓ガラスを割られたりしているのが見つかり、警察が器物損壊の疑いで捜査しています。
4日午前5時すぎ、七飯町大中山の住宅地で「駐車場にあった車が壊されている」と住んでいる人から警察に通報がありました。
警察が確認したところ、近くの道営住宅を中心に、止めてあった車のタイヤがパンクさせられたり、窓ガラスが割られたりしているのが相次いで見つかり、被害に遭った車は少なくとも30台以上だということです。
現場はJR函館線の「大中山駅」近くの閑静な住宅地で、警察によりますと、所有者の話などから、3日夕方から4日朝にかけて壊されたとみられるということです。
また、同じ地区に被害が集中していて手口も似ていることから、警察は同一の人物が関わったとみて器物損壊の疑いで捜査しています。

>>北海道NEWS WEB

【北海道】道南 七飯町車30台以上壊される ツイッターの反応

七飯町 約30台の車が損壊被害

3日夕方から4日朝にかけ、道南の七飯町の住宅街で、30台以上の車が壊されたり、パンクさせられたりする被害が相次ぎました。

窓ガラスが粉々に割れている車や、ドアミラーが無残に壊されている車が並んでいます。被害にあったのは、七飯町大中山1丁目から2丁目にかけて集合住宅の駐車場や、路上に止めてあった車です。3日夕方から4日午前5時ごろまでに少なくとも30台の車がタイヤをパンクさせられるなどの被害を受けました。警察によりますと付近では一週間ほど前にも車が壊される被害があり警察は、目撃情報を集めるとともに付近の見回りを強化しています。

HTB NEWS

コメントを残す

このページの先頭へ