---スポンサードリンク---

【北海道】交通違反男性制圧死 警察官書類送検

交通違反男性制圧死 警察官書類送検

男性制圧死 警察官書類送検

3年前、北見市で、交通違反をしたとして警察官に取り押さえられた男性が死亡し、警察は、男性を背中から強く押さえつけて死亡させたとして、現場にいた警察官2人を業務上過失致死の疑いで書類送検したほか、当時、男性に暴行を加えた別の警部補を特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検しました。
平成25年2月、北見市留辺蘂町で交通違反をしたとしてパトカーの追跡を受けた車が道路脇の雪に突っ込み、運転していた当時40歳の男性が複数の警察官に取り押さえられた際、意識を失い病院で死亡しました。
男性の死因はうつぶせの状態で強く押さえつけられたことによる窒息とわかり、警察が詳しいいきさつを調べていました。
その結果、警察は「当時、男性は暴れていて押さえつける行為自体は適正だった」としながらも、現場にいた13人の警察官のうち、50代の巡査部長と20代の巡査長の2人を業務上過失致死の疑いで16日、書類送検しました。
また当時、男性の頭を蹴るなどの暴行を加えた別の50代の警部補についても特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検するとともに、減給10分の1、1か月の懲戒処分にしました。
警部補による暴行について、道警本部の白井弘光監察官室長は「指導や監督を徹底し再発防止に努めたい」とコメントしています。

北海道NEWS WEB

【北海道】交通違反男性制圧死 警察官書類送検 ツイッターの反応

コメントを残す

このページの先頭へ