---スポンサードリンク---

【試すな危険】iPhoneの日付「1970年1月1日」設定して再起動で軽くなるはガセネタ!※動画アリ

iPhoneの日付

iPhoneの日付「1970年1月1日」設定して再起動は絶対ダメ

iPhone本体の日付を1970年までさかのぼらせて再起動すると、動作しなくなるバグが発見。

「やってはいけない」というお話。
 
iPhoneの日付を「1970年 1月1日 13時00分」に設定して再起動すると、iPhoneが使用できなくなるバグが発見され、ネットで話題となっている。
 
「設定」アプリで「日付と時刻」の自動設定をオフにして、本体の日付を手動で1970年にすると発生する。筆者のiPhoneで試してみたところ、2000年辺りで日付を戻せる上限が来るのだが、さらにスクロールし続けると確かに1970年まで戻せた。ただ、この時点でスクリーンショットが撮影できなくなっていた。
 
本体の日付を1970年にした状態で再起動すると、アップルマークがディスプレーに表示されたまま動かなくなるようだ。
 
実際にこのバグを試している動画もYouTubeにアップされている。やりたくなる気持ちはわからないでもないが、ここはぐっと耐えて、動画を見るだけにしてほしい。
 
Twitterでは、「iPhone軽く出来るってマジ?」などとうたって、日付を1970年1月1日まで戻して再起動をするツイートが紹介されているようだ。もちろん、これはデマ。動作が軽くなるどころか、動画のようになるので、絶対にやらないように。

Yahooニュース

iPhoneの日付「1970年1月1日」設定して再起動で軽くなるはガセネタ! ツイッターの反応

コメントを残す

このページの先頭へ