---スポンサードリンク---

旭山動物園 夜間営業 2/11まで ※動物画像

旭山動物園夜間営業

夜も楽しい雪明かり旭山動物園

旭川市の旭山動物園で、冬の夜ならではの動物たちの姿を楽しんでもらおうと、夜間の営業が行われ、大勢の観光客でにぎわっています。
旭山動物園は冬の間の開園時間が午前10時半から午後3時半までですが、今月6日から開園時間を午後8時半まで延長して夜間の営業を行っています。
この期間は園内におよそ700個のアイスキャンドルが置かれ、大勢の市民や観光客を出迎えます。
動物園には厳しい寒さの中で暮らす動物たちがたくさん飼育されています。
このうちカナダやアラスカに生息するシンリンオオカミは、夜行性で寒さに強く、凍てつく夜も元気に動き回ります。
人気の「あざらし館」では、飼育員がプールに雪を入れてつくった氷の穴からゴマフアザラシが可愛らしい顔を出す姿も見られます。
旭山動物園の広報担当の加藤明久さんは、「日本最北の動物園には寒さに強い動物がたくさんいるので、ぜひ皆さんに来ていただきたいです」と話していました。
旭山動物園の夜間営業は、11日まで行われます。

北海道NEWS WEB

旭山動物園 夜間営業 ツイッターの反応

コメントを残す

このページの先頭へ