---スポンサードリンク---

北朝鮮ミサイル迎撃へ 防衛省敷地内にPAC3展開 イージス艦出港

北朝鮮ミサイル迎撃PAC3イージス艦

PAC3、迎撃態勢…北ミサイル発射に備え空自

北朝鮮による長距離弾道ミサイルの発射に備え、航空自衛隊は各地で地上配備型の地対空誘導弾「PAC3」の配置を進めている。

東京・市ヶ谷の防衛省では30日午前、PAC3が迎撃態勢に入り、北西方向の上空に発射口を向けた。

中谷防衛相が自衛隊法に基づいて「破壊措置命令」を発令したことを受けた措置で、同省には29日夜に到着した。空自は、ミサイルが飛来する恐れがある沖縄県や首都圏など都市部を中心に部隊を展開する方針。

海上自衛隊もイージス艦を順次、日本海などに向けて出航させており、政府はPAC3との二段構えの防衛態勢を整える。

Yahooニュース

北朝鮮ミサイル迎撃へ 防衛省敷地内にPAC3展開 イージス艦出港 ツイッターの反応

コメントを残す

このページの先頭へ