---スポンサードリンク---

【関ジャニ∞】大倉忠義 腸閉塞でドーム公演休演

大倉腸閉塞

1月17日人気アイドルグループ、関ジャニ∞の「大倉忠義」が腸閉塞のためドームツアー「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!」のファイナルとなった大阪・京セラドーム公演を休演。

所属事務所によると、大倉は16日から腹痛を訴えていた。一夜明けても痛みがひかず病院に行ったところ腸閉塞と診断。

腸閉塞とは

口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。また、唾液や胃液をはじめとする消化液が、1日数lも胃腸のなかに分泌されますが、これも小腸や大腸で吸収されて残りは便とともに排泄されます。
これらの食べ物や消化液の流れが小腸や大腸で滞(とどこお)った状態、すなわち内容物が腸に詰まった状態が腸閉塞です。腸が拡張して張ってくるため、おなかが張って痛くなり、肛門の方向へ進めなくなった腸の内容物が口の方向に逆流して吐き気を催し、嘔吐したりします。腸閉塞は、吐き気・嘔吐を伴う腹痛が現れる最も代表的で一般的な病気です。

ライブのオープニングで大倉君を除く6人は私服でステージに登場。

村上信五がメンバーを代表し、「大倉が腸閉塞で出られません」と満員の4万5千人を前に発表。大倉本人は最後まで出演を訴えていたが、医師の判断のもと、休演を決断したことを伝えた。

「皆さん、6人でいいですか?」とファンにたずねると、会場からは歓声。ファンの了解を得て、6人は一度ステージからさがり、衣装に着替えてライブをスタート。大倉君のパートは6人全員でサポート。

【関ジャニ∞】大倉忠義 腸閉塞でドーム公演休演 ツイッターの反応

コメントを残す

このページの先頭へ